2014年10月01日

ちんちん電車に乗って(38) 大関信濃守下屋敷

615_今戸_箕輪 浅草切絵図_02_B.jpg

 なぜ大関横丁か。

 江戸時代から明治初め頃まで、下野(栃木県)黒羽藩一万八千石の領主大関信濃守の下屋敷があり、その南と西を取り囲む道(横丁)だったから大関横丁。

『江戸切絵図/今戸箕輪浅草絵図』を見ると、大関家の西隣に加藤大蔵少輔(伊予新谷藩一万石)、東隣に宗對馬守(對馬府中十万石)、北隣に石川日向守(伊勢亀山六万石)の下屋敷が並んでいる。南隣は現在の明治通り(当時の幅員は約2間)。

 石高から考えれば對馬守の宗家が横丁の名前になってもよさそうなものだが、そうならなかったのは、幕末の大関信濃守の奇行が原因だと言われている。

 奇行といっても「内縁の夫人と一緒に馬で江戸市内を乗り回す」程度のことだったらしいけど。

 いずれにしても宗横丁、加藤横丁、石川横丁ではなく、大関横丁でよかった。近くに横綱横丁があれば、さらにベター。

【Map】『江戸切絵図/今戸箕輪浅草絵図』(尾張屋清七版)。嘉永2年(1849年)〜文久2年(1862年)刊。大関家の下屋敷があった場所は、現在のイトーヨーカ堂の西半分+第六瑞光小学校の一帯。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ちんちん電車に乗って

2014年09月30日

ちんちん電車に乗って(37) 大関横丁交差点

614_大関横丁交差点_03_A.jpg

 三ノ輪橋界隈の猥雑な路地を抜けると大通り。近くに大関横丁交差点がある。

 昭和通りがここで終わり、以降は日光街道と名を変える。つまり明治通り終点、日光街道起点というわけ。一方の明治通りはそのまま。

 車線数は昭和通り下り4車線、日光街道上り3車線 / 明治通り外回り5車線、内回り5車線。「事故の多い交差点」(警視庁交通統計)として何度もリストアップされている不名誉交差点だ。

 三ノ輪橋停留場は三ノ輪と付くのに荒川区南千住1丁目にある。大関横丁交差点は三ノ輪がつかないけれど台東区三ノ輪1丁目にある。歩いて4〜5分の至近距離。

【Map】破線は荒川区と台東区の区境。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ちんちん電車に乗って

2014年09月29日

ちんちん電車に乗って(36) 鳥居の先の極楽荘

613_P1000555_800.jpg

 都電荒川線三ノ輪橋停留場の着駅から線路を渡り、常磐線の高架に向かって路地を歩いていくと、突然、お稲荷さんの赤い鳥居が目に飛び込んでくる。

 不思議なことに鳥居の先に稲荷神社らしきものはなく、さらに不思議なのは鳥居が連なる一角の隣は空き地。

 その空き地の奥、モルタル造りの無骨な2階建てがある。築年数は不明だが、ツラ構えは明らかに昭和。威風堂々とした風貌は貫禄十分。長年の風雪に耐えてきた証拠だ。

 建物の名前を極楽荘という。1部屋2畳半、1泊2500円也の簡易宿所だ。

 旅館業の業態にはホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業の4つがあり、いずれも旅館業法で施設の構造施設などの基準が設けられている。見た目じゃないのだ。

 かつては日雇い労働者の定宿。「宿(ヤド)と呼ぶにはおこがましい、人様が住むところじゃねぇ」というわけで、へりくだってドヤ。以前は簡易宿所が建ち並んでいたからドヤ街。

 この辺りは山谷と呼ばれている地域だ。

【Photo】極楽荘は現役の簡易宿所。見たところ冷房完備ではないと思われるが、三ノ輪橋停留場着駅のそば、ジョイフル三ノ輪商店街の中に銭湯(大勝湯)があるから安心。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ちんちん電車に乗って

2014年09月28日

ちんちん電車に乗って(35) かつての王電ビル

612_P1250114_800.jpg

 都電荒川線の前身は王電(王子電気軌道)。当時のターミナルビルが残っている。三ノ輪橋停留場から約80m、日光街道沿いに建つ旧三ノ輪王電ビルディングだ。

 竣工は昭和2年(1927年)。正面はシンメトリー、モダンで重厚な建物。面白いことにビル1階に通路が貫通していて、その先に三ノ輪橋停留場と三ノ輪橋商店街(ジョイフル三ノ輪)がある。

 赤の広場にシンメトリーな建物が多いのは、世情が不安定だったから・・・今から45年ほど前、文藝春秋社主催の文化講演会で作家五木寛之が語った言葉だ。

 王電ビルが竣工したのは関東大震災の4年後、しかも片山蔵相の東京渡辺銀行破綻発言が金融恐慌の端緒を開いた頃だから、多くの人が先の見えない不安を抱えていた時代であったことは間違いない。

 同じ頃の建物にJR総武線両国駅駅舎(昭和4年竣工)、中央区泰明小学校(昭和4年竣工)、銀座和光ビル(昭和7年竣工)がある。いずれも現役。

 変わってしまったのは王電ビルの持ち主。現在は梅沢写真会館ビルになっている。

【Photo】かつての王電ビルの1階に通路が貫通している。日光街道に面しているので、大通りに出れば建物の外観を眺めることが出来る。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ちんちん電車に乗って

2014年09月27日

ちんちん電車に乗って(34) 三丁目の夕日

611_P1250118_800.jpg

 平成17年(2005年)、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』が公開され大ヒット。その2年後、三ノ輪橋停留場が三丁目の夕日になった。

 レトロ調化するためのデザインコンペのテーマは「みんなが前を向いていたあのころ」。それに30年代の豊かなイメージを付加した作品が採用されたのだ。

 建材は不燃木。さらにガス灯を再現したり、当時の企業看板を並べるなど、演出効果満点。レトロな都電のレトロな舞台装置というわけ。

 浅草まで線路を延伸すれば、さらに人気が高まると思われるが、今のところ東京都交通局に延伸計画はないそうだ。東京メトロ銀座線浅草駅まで直線距離で約2.5Kmなんだけどね。

【Photo】三ノ輪橋停留場。板を交互に張り合わせた大和張り板塀が郷愁をそそる。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ちんちん電車に乗って