2014年07月13日

JR蒲田駅ビルとその界隈(01) 蒲田に3つの蒲田駅あり

536_P1160562_800.jpg

 東京23区の南端、大田区に3つの蒲田駅がある。JR蒲田駅、東急蒲田駅、京急蒲田駅だ。

 JRと東急は隣接しているが、京急は800mほど離れている。

 京急だけ仲間外れの感じがするが、明治34年に開業しているから蒲田駅の元祖はこちら。駅名も、ずばり蒲田駅だった。現在のJR蒲田駅が開業するのは、その3年後。東急は大正11年の新参者だ。

 当事、JR蒲田駅は東海道線の駅だったから、たかが私鉄のために大きく東側に迂回することは出来なかったのだろう。大正3年に東海道線ではなく京浜線になってしまうけど。

 ※その頃の京急は京浜電気鉄道。JRは日本国有鉄道。東急は池上電気鉄道と目黒蒲田電鉄。

【Photo】東急バス降車場から眺めた2007年のJR蒲田駅西口。リニューアルされる前の写真だ。前方に見えるのが駅ビル「サンカマタ」。駅前アーケード街の名前が「サンライズ」と「サンロード」。西口なのに。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | JR蒲田駅ビルとその界隈

2014年07月14日

JR蒲田駅ビルとその界隈(02) 蒲蒲連絡線があった頃

537_USA-M452-A-68_newcut_800.jpg

 三日遅れの便りを乗せたのは涙の連絡線、羽田空港から物資を運んだのが蒲蒲連絡線。

 戦後間もなくの頃、米軍によって敷設された蒲蒲連絡線は、JR蒲田駅から京急空港線(当事は東急穴守線)に乗り入れる物資輸送用路線だった。

 接収されていた羽田空港と国鉄をつなぐ路線だから「蒲羽」だと思ったら、あっと驚く「蒲蒲」。

 さらに驚くのはレール幅問題。国鉄は狭軌(1067mm)、京急は標準軌(1435mm)だから、簡単にはつながらないのだ。どうしたか。

 パワフル米軍は、京急蒲田(当事は京浜蒲田駅)から上がり線を撤去し、国鉄に合わせて狭軌の線路を敷設し直してしまったのだ。

 残念なことに、国鉄によって運用されたのは昭和27年11月まで。そのままにしておけばいいものを、蒲蒲連絡線はすべて撤去。跡地は道路になってしまったとさ。

 今どき、東急蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ蒲蒲線敷設構想が持ち上がっているが、どうなることやら。

【Photo】国土地理院 米軍撮影の空中写真(昭和22年9月8日撮影)。赤↑部分が蒲蒲連絡線。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | JR蒲田駅ビルとその界隈

2014年07月15日

JR蒲田駅ビルとその界隈(03) 大量の焼夷弾ふりそそぐ

538_P1160655_昭和36.jpg

 その昔、蒲田区だった頃から小さな町工場で栄えていた蒲田だが、おかげで米軍機の標的になってしまったのは不運。

 防火用に家屋を壊して道路拡張を図ったものの、大量の焼夷弾には対抗できず、終戦時には辺り一面焼け野が原だった。

 昭和25年以降、朝鮮戦争特需もあって「糸ヘン景気」「金ヘン景気」が到来。

 織機をガチャンと動かせば万のお金が入る「ガチャ万」とは愛知県尾張地方で生まれた言葉だが、金ヘンの蒲田では機械と旋盤で「キカイセン万」と言われた・・・というのはもちろんウソ。

 好景気が続いたおかげで、東京オリンピック開催の年(昭和39年)には、蒲田の街にビルが並ぶようになった。

【Photo】蒲田駅の連絡通路で開かれていた回顧展の展示物。2007年7月31日撮影。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | JR蒲田駅ビルとその界隈

2014年07月16日

JR蒲田駅ビルとその界隈(04) 哀愁の都営浅草線西馬込駅

539_西馬込駅と蒲田駅.jpg

 JR蒲田駅・東急蒲田駅から北に約3キロ(直線距離)。昭和43年に開業した都営地下鉄浅草線西馬込駅がある。始発・終着駅だ。

 駅周辺に商店街はなく、駅前特有の賑わいもない。電車も空いている。

 あと3キロ延長すればJR・東急と相互乗り換えが出来るのに、都営地下鉄浅草線蒲田駅は実現しなかった。「商店街が反対したんじゃよ」とは蒲田に住む古老の話。

 実際には神奈川県方面に延伸する計画があり、運輸政策審議会(昭和60年)でも「今後整備について検討すべき路線」だったらしい。ところが平成12年になると、計画は消滅してしまった。

 実にお役所仕事なのだ。

【Map】[YAHOO! 地図]。3つの蒲田駅に都営地下鉄、一か所に集めることが出来なかったことが悔やまれる。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | JR蒲田駅ビルとその界隈

2014年07月17日

JR蒲田駅ビルとその界隈(05) 2007年盛夏、パリオとサンカマタ

540_P1160674_800.jpg

 2007年7月31日はJR蒲田駅の駅ビル、パリオとサンカマタが営業を終えた日。

 新聞のチラシには、翌日から改装工事が始まり、8か月後には新たな商業施設として生まれ変わるとあった。

 パリオがオープンしたのは昭和37年、続くサンカマタは同45年。築45年と37年だ。

 なんだかアカ抜けない名前だが、パリオとは「イタリアのトスカーナ州にある町シエナで開催される祭り」で「優勝旗」という意味があるらしい。なぜ蒲田なのかは不明。

 サンカマタは太陽+蒲田だと思う。東口ではなく西口にあるところが渋いかも。

【Photo】パリオとサンカマタを結ぶ連絡通路にあった案内板。オープン当事はオシャレだったと思う。2007年7月31日撮影。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | JR蒲田駅ビルとその界隈