2013年08月30日

都市農業公園の田園風景(01) 都県境の2万坪

273-01_Google Map.jpg 

 東京都と埼玉県の都県境、新芝川が荒川に流れ込むあたりに都市農業公園(足立区鹿浜)があります。

 単純に「都市公園」あるいは「農業公園」なら気にもならなかったのですが、仲の悪そうな「都市」と「農業」がくっ付いていて、しかも「公園」。けったい至極です。

 足立区なのだから「都市(にある)農業公園」ではないし、さらに足立区なのだから「都市農業(を実践している)公園」なんてことも考えられません。

 ひょっとすると、昔から交通不便だった足立区が、やけのやんぱちになって名付けたのではあるまいか・・・などと考えつつ、電車とバスを乗り継ぎ、出かけてみることにしました。

【Photo】足立区の最西端にある都市農業公園。新芝川の対岸は埼玉県川口市、荒川の隣を流れる隅田川から東京都北区。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 都市農業公園の田園風景

2013年08月31日

都市農業公園の田園風景(02) 行きかたさまざま

274-01_adachi_HP.jpg 

 足立区のホームページで確認すると、都市農業公園にたどり着くには複数の方法があります。

 ただし、お気楽に移動することができるのは鉄路が充実している千住地区あたりだけだから、外れとなるとバス便だけが頼り。

 というわけでJR上野駅から常磐線で北千住駅、東武スカイツリーライン(かつての伊勢崎線)に乗り換えて西新井駅、西口のロータリーで東武バス「鹿浜都市農業公園」行きに乗車という「乗り換え多く待ち時間不安」コースで出かけてみることにしました。

【Photo】都市農業公園までの公共交通機関案内。足立区のホームページに掲載されています。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 都市農業公園の田園風景

2013年09月01日

都市農業公園の田園風景(03) 東武スカイツリーライン西新井駅

275-01_P1140915_800●.jpg 

 東武スカイツリーライン西新井駅。下車するのは初めて。コミュニティバスが運行されている東口に出てみることにしました。駅前商店街を眺めてからバスに乗ろうと思ったからです。

 ところが、駅前で視界をふさいでいたのは巨大な倉庫ビルのようスーパーマーケット。大昔から存在する西新井駅だから、大昔からの商店街があると思ったのは大間違いで、場末の香り一切なく、燦然と輝く新建材のピッカピカ建造物のオンパレードだったからビックリです。

 さらに驚いたのは、コミュニティバスの乗り場でバスを待っていたとき、「どこ行くの?」「都市農業公園」「そりゃ西口だよ」。隣接するバス停で並んでいた方が親切に教えてくれました。

【Photo】東武スカイツリーライン西新井駅東口。駅の周囲には巨大なストアが建ち並び、一見、都会風ですが、商店街らしきものが見当たらず、どこか落ち着かない風情。駅前再開発のおかげで、商店街がなくなってしまったのかもしれません。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 都市農業公園の田園風景

2013年09月02日

都市農業公園の田園風景(04) 西口駅前のロータリー

276-01_P1140924_800●.jpg

276-02_P1140933_800.jpg 

 足立区のホームページで確認したのだから確かなハズなのに・・・と思いつつ、改札横の通路を通って西口に移動。

 階段を下りると目前に巨大なバス専用ロータローがあり、ひっきりなしに都営バスや東武バス、国際興業(バス)が行き来しています。足立区の場合、南北は鉄路、東西はバスというのが基本です。

 ロータリーを囲むようにしてパチンコ店や不動産屋さん。それらを見渡せる場所に交番。東口とくらべ、わずかながらに場末の香りがするのは、それほど高い建物がないことと、近くのカラオケ店の店頭スピーカーから演歌が流れていたから。

【Photo(上)】近未来テイストの東口とは大きく異なり、昭和を引きずっているような感じの西新井駅西口。さすがに東武系のストアは駅に直結です。

【Photo(下)】駅前に巨大なロータリー。バス待ちの人々で賑わっていましたが、のどかな感じです。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 都市農業公園の田園風景

2013年09月03日

都市農業公園の田園風景(05) 路線バスの車窓から

277-01_P1140935_800.jpg 

 西口のロータリーから乗車したのは東武バス「鹿浜都市農業公園」行き。目指す都市農業公園は終点です。

 かつて、荒川を渡った先に広がっていたのは広大な農耕地。戦中から戦後にかけ、米の供出量が都内一の穀倉地帯だったところです。

 ところが「もはや戦後ではない」の昭和30年代になると、あちらこちらに公営住宅が建ち始め、同時に区画整理事業も本格化。のどかだった農村地帯は、急激な都市化の波にさらわれていくことになります。

 その結果、現在では都営住宅や公団・公社住宅の密集地です。

【Photo】足立区栗原あたりの街並み。集合住宅の1階部分に「かうんたぁ ばぁ DORAGON」「スナック 友達」がありましたが、ネーミングといい店舗デザインといい、実に足立風お洒落。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 都市農業公園の田園風景