2014年10月06日

ちんちん電車に乗って(43) ホントは防災用の土手

620-01_三谷の土手_800.jpg

 

620-02_P1000582_800.jpg


 元和5年(1619年)、荒川(隅田川)の氾濫で浅草下谷一帯が大被害。流路に面している今戸あたりは海抜1mほど。川岸が決壊したらひとたまりもなかった。

 翌6年(1621年)、あわてた秀忠は土手を築造。全国の諸大名が土木作業を請け負ったから土手の名前が日本堤・・・という説あり。

 元和2年(1616年)に死去したオヤジ家康は「不自由を 常と思えば 不足なし」と言っていたけれど、川の氾濫が常では江戸幕府の基盤がゆらいでしまうから、土手築造は必須。とはいっても、江戸城の奥御金蔵の金は使いたくない・・・そうだ、諸大名にやらせよう(秀忠談)。

 土手の長さは834間(約1516m)。高さは田町裏で一丈余(約3m)、吉原大門で8尺(約2.4m)。浅草聖天町の今戸橋(待乳山聖天付近)から箕輪浄閑寺あたりまで続いていた。

 残念ながら日本堤は昭和2年(1927年)に取り崩されてしまった。

【Book】『絵本江戸みやげ 2編6巻 三谷の土手』(菊屋安兵衛)。当時の日本堤を描いた挿絵。道幅の詳細は不明だが、かなり幅広の道だったようだ。

【Photo】吉原大門交差点のそばにある「見返り柳」。遊客が吉原大門を出たあと、未練たらたら、柳のあたりで遊郭を振り返ったらしい。かつて山谷掘脇の土手にあったものを移植。植え替えも行なわれている。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | ちんちん電車に乗って
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: