2014年08月25日

ちんちん電車に乗って(01) 27系統+32系統÷2=荒川線

578_都電地図.jpg

 ちんちん電車のちんちんを伝鐘という。

 車掌が車内上部に張られたヒモを引っ張ると、運転席近くに設置されている鐘が鳴る仕組み。「ちん(降り口閉扉)、ちん(乗り口閉扉)」の意味。発車時の安全確認というわけ。

 ちょっと前までは都心部を縦横無尽に走り回っていたのだが、クルマの邪魔になるという理由で昭和47年(1972年)に荒川線だけを残して全廃。「実にバカなことをしたもんだ」と反省するのは、その数年後だけど。

 その荒川線は、専用軌道部分が長かった「27系統(三ノ輪橋〜赤羽)」と「32系統(荒川車庫前〜早稲田)」を足して2で割った路線。早稲田〜三ノ輪橋間12.2キロ、停留場数30。

 都電王子駅前停留場はJR京浜東北線王子駅に隣接。停留場で「都電一日乗車券」(400円也)を購入すれば準備万端。ここから終点三ノ輪橋停留場まで6キロ。途中、何度も乗り降りすることが出来る。

【Photo】昭和30年発行の『模範東京全図』。赤線部分が都電荒川線。他の路線は全滅。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(1) | ちんちん電車に乗って
この記事へのコメント
[E:train]ご無沙汰いたしました。やっと暑さも下火になったようですね。。お元気そうで安心いたしました。
あの暑さの中でも街歩きなさってたのですか?

チンチン電車懐かしいですね。私が田舎から上京したころはあれに乗って出かけました。渋谷からですが、よく乗ったのは、金杉橋行きでした。確か34番?だったような気がします。(違ってるかもしれませんうろおぼえです)
此の所大塚によく行きます。その時早稲田行きを見掛けることがあります。いつまでもなくならなっければいいのですが・・ちなみに大分前ですがこの電車には2〜3度乗ったことはあります。

此の先楽しみにしております。
Posted by ジ・カナサシ at 2014年08月26日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: