2014年03月01日

蛇崩川は地中にあり(03) 東急東横線中目黒駅

418-01_P1220960_800.jpg

418-02_P1220916_800.jpg

 東急東横線中目黒駅に到着。蛇崩川と目黒川の合流点は幹線道路の山手通りを横切ったところにある。

 その中目黒駅だが、長い間、改札口が1か所しかない不思議な駅だった。1日の乗降客約20万人、そのすべてが山手通りに面した改札口を通らねばならず、周辺住民の不興をかっていたのだ。

 住民が1万人を超える署名を集めたころ、読売新聞に次のような記事が掲載された。

『東急東横線と東京メトロ日比谷線の「中目黒駅」(目黒区上目黒)の周辺住民が、代官山側への改札口新設を求め、1万人を超える署名を集めた。・・・中略・・・ 改札口は山手通りの祐天寺側に1か所。反対側の代官山側には今年秋、40階建てビルが完成するほか、別の再開発計画もあり、住民らは「交通量の多い山手通りで高齢者や子供に交通事故の危険がある」としている』

「交通事故の危険」などという脅し文句を使ってしまったから、鉄道会社から「ほな、山手通りに歩道橋をつくりまんがな」と云われてしまうのかと思ったら、平成24年(2013年)の暮れから祐天寺側の改札口が使用可能になった。

【Photo(上)】中目黒駅が開業したのは昭和2年(1927年)のこと。そのころから山手通りを跨ぐ高架駅だったから、80年以上も改札口1か所で頑張ってきたことになる。

【Photo(下)】山手通りに面した高架下の改札口。中目黒駅とはいうものの、実際の住所は上目黒。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 蛇崩川は地中にあり

2014年03月03日

蛇崩川は地中にあり(04) 駅周辺で再開発

419-01_P1220965_800.jpg

419-02_P1220978_800.jpg

 中目黒駅周辺は目黒の心臓部。平成14年(2002年)、駅の隣に巨大な複合施設「中目黒GTタワー」(ジーティーではなくゲートタウン)が誕生し、さらに翌年、中央町にあった目黒区役所が引っ越して来たからだ。

 昭和時代には思いもよらなかった区役所の引っ越しだが、平成に入ってからはよくある話。JR両国駅そばにあった墨田区役所が隅田川河畔のキリンビール横に引っ越したのは平成2年(1990年)、大田区役所が大田区中央二丁目からJR蒲田駅前「桃源社ビル」に引っ越したのは同10年(1998年)のことだ。

 さて、散歩。駅と中目黒GTの間にある細長い広場から蛇崩川緑道に向かってスタート・・・というより、この広場の地中に蛇崩川が流れているから、すでに蛇崩川緑道なのだ。

【Photo(上)】中目黒駅に隣接して中目黒GTタワーがあり、その間の広場のようなところから散歩スタート。

【Photo(下)】東急東横線の線路に沿って道が続く。蛇崩川の流路だ。途中、両側が駐輪スペースになっているところがあった。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 蛇崩川は地中にあり

2014年03月04日

蛇崩川は地中にあり(05) 蛇崩川の護岸

420-01_P1220985_800.jpg

420-02_P1220997_800.jpg

 しばらくの間、東急東横線の線路に沿って歩く。小道はガードをくぐり、北に進路を変え、かつて二三橋が架かっていたあたりを過ぎると、本格的な緑に包まれた「緑道」となる。

 蛇崩川緑道は目黒区内に1041メートル、その先、世田谷区内の2991メートルにつながるから、全長約4キロ。自転車なら20〜30分、歩いても1時間弱の道のりだ。

 もちろん、あちらこちらを眺めながらの散歩だから1時間弱では終わらない・・・などと思いながら歩いていたら、進行方向に向かって右側、草むらの中に暗渠化される前の護岸を発見!

【Photo(上)】かつての二三橋が横断歩道になっている。その先、緑が深くなっているあたりから蛇崩川緑道が始まる。右側の高台は超高級住宅地。

【Photo(下)】蛇崩川時代に築かれたと思われる護岸。あとから分かったのだが、護岸の痕跡があるのはここだけだった。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 蛇崩川は地中にあり

2014年03月05日

蛇崩川は地中にあり(06) くねくねの快感

421-01_P1230050_800.jpg

421-02_P1230020_800.jpg

 緑道は、かつての蛇崩川の流路そのものだから、いつまでもどこまでも、くねくね。

 人為的な工作物とは異なり、くねくね具合は心地よく、まるでヘビのフトコロに抱かれて散歩しているみたいだ。どこがフトコロか分からないけど。

 そのくねくねのおかげで、単調な住宅街がダイナミックな街並みに見えてくるから不思議。

【Photo(上)】流路そのままの小道。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなしなのだ。

【Photo(下)】一見、廃屋のような感じだが、樋も配管もしっかりしているし、アルミサッシの窓は備え付けたばかりだと思われる民家。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 蛇崩川は地中にあり

2014年03月06日

蛇崩川は地中にあり(07) 梅の木チョッキン

422_P1230065_800.png

 緑道沿いの民家で庭木職人が梅の木を剪定していた。かなり気温が低かったのに、薄着でテキパキとした身のこなしは感動もの。

 かつての蛇崩川周辺には畑や水田が広がっていて、都市近郊農村としての役割を果たしていたそうだが、現在は家屋が密集する居住地域。

 建売がメインの新興住宅地とは異なり、小道に面した小さな庭に樹木が植えてある家が多く、おかげで小道なのにゆったりした気分になるからうれしい。

【Photo】緑道にチョッキンチョッキンという音だけが響き渡っていた。見事な仕事ぶりに、しばし眺めていたのだが、不審者と思われるかもしれないので、あわてて散歩に戻る。そんなご時勢だ。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | 蛇崩川は地中にあり